町並み解説

歴史や成り立ちで違う、古い町並みの種類 ~城下町、宿場町、寺内町などについて解説~

当サイトでもいくつも紹介している「古い町並み」には成り立ちによって種類があり、風景にもそれぞれ特徴があります。そんな古い町並みの種類と違いについて解説します。
港町・漁村集落

鞆の古い町並みを歩いてみよう ~「ポニョ」の舞台としても知られる景勝地~

「潮待ち」の港として栄えた港町で、万葉集にその名がうたわれたほどの歴史がある「鞆の浦」という景勝地に面しています。海のそばまで続く古い町並みの景観が特徴的です。
港町・漁村集落

湯浅の古い町並みを歩いてみよう ~醤油の醸造が初めて行われた港町~(和歌山県)

古くからの港町である湯浅は、醤油の醸造が始まった場所として有名です。昔ながらの醤油蔵などがいくつも建ち並ぶ見事な景観が今でも見られ、船積みを行った港も残ります。
城下町・武家町

小浜の古い町並みを歩いてみよう ~海のそばに残る茶屋町の町並み~(福井県)

「鯖街道」を通じて、京都などへの海産物の供給地となっていた小浜。城下町として整備されたこの町には、茶屋町である三丁町などの古い町並みが大規模に残ります。
城下町・武家町

高山・三町の古い町並みを歩いてみよう ~観光客にも人気の飛騨の城下町~(岐阜県)

「飛騨の小京都」とも呼ばれる高山。金森長近が整備した城下町の風情が今も残り、宮川の東にある「三町」には商家などの伝統的な家屋が通りに沿ってずらりと並びます。
関西エリア

知る人ぞ知る、京都の町並み6選 ~鞍馬、上狛茶問屋街、東一口・他~

古都として人気の観光地である京都にも、知る人ぞ知るという感じの町並みがいくつもあります。茶問屋街や消えた池の漁業集落など、6か所をピックアップして紹介します。
城下町・武家町

松代の古い町並みを歩いてみよう ~「大本営」の地下壕も残る真田氏の城下町~(長野県)

長野市の松代は、真田氏が城主をつとめた松代城の城下町です。今でも武家屋敷町が残り、立派な長屋門の前を江戸時代以来の水路が流れるという、趣のある風景が見られます。
城下町・武家町

登米町の古い町並みを歩いてみよう ~洋風建築と城下町の「明治村」~(宮城県)

北上川の水運などで発展した城下町、登米。繁栄の歴史を伝えるように、明治時代の初期に建設された洋風建築や武家屋敷町の風景も見られ、「みやぎの明治村」と呼ばれます。
城下町・武家町

知覧麓の古い町並みを歩いてみよう ~庭園のような武家屋敷町を歩く~(鹿児島県)

「麓」集落の武家屋敷町が見事に残ることで知られる知覧は、「薩摩の小京都」とも呼ばれます。生け垣と石垣が通りに沿って続く様子は、町ごと庭園のような美しさです。
商家町

内子の古い町並みを歩いてみよう ~木蠟の生産で全国に知られた町~(愛媛県)

内子は、ろうそくの原料である木蝋の生産や製紙により繁栄した町です。町の中心部を通る街道沿いに重厚な商家の屋敷などがずらりと並び、非常に壮観です。